职场资讯 -面试技巧

  • 面试时是否应该回答私人问题? 阅读:1399
  • 字体大小: 视力保护色:

  • 面接で「ご両親のお仕事は何ですか」「結婚の予定はありますか」などのプライベートな質問をされました。こういった質問には、どこまで答えるべきでしょうか。(28歳・経理)



    “你父母是做什么工作的?”“有结婚的计划吗?”等等,面试时会被问到私人问题。这样的问题应该回答到什么程度?(28岁・经理)



    「ご結婚のご予定は?」なんて、普段聞かれても「私の人生、あなたに関係ありましたっけ?」といいたくなるような質問だが、企業の担当者によっては面接で聞いてくることもある。はたしてその時正直に答えるべきなのか、それとも適当にかわしてもよいものなのか?リクルートエージェントに問い合わせたところ、「業務に影響する可能性がある内容については、答えたほうがよい」とのこと。



    “有结婚的计划吗?”平时被这么问都会想反问“我的人生和你有关系吗?”但也有些企业负责人面试时会问这个问题。这种情况下到底是该如实回答还是适当隐瞒?就此我们咨询了招聘代理,回答是:建议回答会对工作有影响的内容。



    具体的には、プライベートに関する質問であっても、結婚など、入社後の業務に影響する可能性がある内容については、その予定が確定しているなら、率直に答えたほうがよい。結婚しても業務に支障はないのかなど、結婚後の働き方の希望がある場合には、それも正直に伝えたほうがベターだ。



    具体来讲,即便关系到隐私,对于对入社后的工作可能产生影响的内容,比如结婚等,如果有确定的计划,还是照实回答的好。结婚是否会给工作带来影响等,如果对婚后的工作方式有所要求,也最好如实回答。



    逆に、業務遂行に関係のない不適切な質問は答える必要はない。ただし、すべて「お答えできません」と突っぱねたのでは、当然面接担当者にマイナス印象を与える可能性もあるので、ある程度の質問は、面接でのコミュニケーションの一環だと考えて、あたり障りのない回答で乗り切るようにしよう。



    相反,没必要回答和工作没关系的不合适的问题。不过,全都以“无法回答”推回去的话当然会给面试官不好的印象,因此把某些程度上的提问当做是面试中交流的一环,以圆滑的回答应对吧。



    とはいえ、業務遂行に全く関係なく、どうしても答えたくない質問は、答えなくてOK。ちなみに同社では、面接時の質問への回答方法についても、キャリアアドバイザーがアドバイスしてくれる。企業の心象を害しない対応は、ケースによって異なるので、気になるあなたは一度キャリアアドバイザーに相談してみては?



    虽说如此,对于那些和工作完全无关、无论如何都不想回答的问题,不回答也没什么问题。顺便说下,招聘代理所在的公司有职业生涯顾问,会根据面试时回答问题的方法给予建议。不伤害企业形象的对应都有其特别之处,因此你如果介意这些的话,不妨和职业生涯顾问进行商谈。
  • 来源:r25(沪江日语)

CopyRight © CjpHR.com All Rights Reserved.版权所有
深圳市市场监督管理局企业主体身份公示